精巣を保存しながら陰嚢の表皮嚢胞が正常に治療されました:症例報告

要約

66歳の男性が陰嚢腫のさらなる検査のために私たちの病院に紹介されました。 精巣癌のリスクのために、我々はまず、より高い精巣切除術のコースとして血管をクランプした。 その後,陰嚢を介して腫ように接近し,精巣を温存しながら切除に成功した。 病理組織学的に表皮嚢胞と診断した。 精巣を温存しながら治療に成功した嚢内表皮嚢胞の稀な症例を報告した。

©2016著者(複数可)。 S.Karger AG、バーゼルによって公開

はじめに

表皮嚢胞は、最も一般的な良性上皮嚢胞であり、一般的に非悪性の可能性を有すると考えられています。 ほとんどの場合、表皮嚢胞は、通常、頭皮、耳、顔、および背中の皮膚に発生します。 陰嚢の表皮嚢胞の珍しい良性実体を報告した。

ケースプレゼンテーション

66歳の男性は、右陰嚢腫のさらなる検査のために私たちの病院に紹介されました。 彼の最初の訪問の一年前に、彼は徐々に増加していた右陰嚢の腫りゅうを指摘していました。 腫りゅうはゴム硬度で精巣および精巣上体から分離した。 高脂血症,糖尿病,高血圧を除いて顕著な既往歴はなかった。

入院時の検査データおよび画像所見

血液学的および生化学的データは異常所見を示さなかった。 精巣癌の腫瘍マーカーも正常範囲内であった(HCG<0.1mIU/ml、HCG-β<0.1ng/ml、AFP5ng/ml、およびLDH170U/l)。 超音波検査およびMRIでは、精巣から分離された陰嚢の塊が認められた(図。 図1に示す。 2).

図。 1

超音波所見は、髄腔内腫瘤(直径8cmを測定する)が低エコー病変(矢印)で均一性を示したことを明らかにした。

http://www.karger.com/WebMaterial/ShowPic/503063

図。 2

T2重み付け(左)および拡散重み付け(右)MR画像。 質量は、T2重み付け画像で高い信号で精巣から分離された。

http://www.karger.com/WebMaterial/ShowPic/503062

手術手順

2015年に、患者は陰嚢の乳房切除術を受けた(図。 3). 腫りゅうが精巣腫ようとして精巣に付着している場合の播種のリスクを避けるために,まず精巣と腫りゅうの分離を確認できるまで精索を確保した。 そこで,凍結切片に対して病理診断を行い,悪性を除外した。 表皮嚢胞と診断し,付着した皮膚を伴った嚢内腫りゅうを切除した。

図。 3

術中の所見。 腫りゅうは精巣から分離した。病理学的所見

切除された質量は169gで、11.0×7.5×1.0cmを測定した(図10)。 4). 嚢胞性であり,角化性液体を含んでいた。 組織学的には、嚢胞壁は異型性のない角化扁平上皮で覆われていた(図10)。 5).

図。 4

皮膚で切除された陰嚢内腫瘤の外科的標本。

http://www.karger.com/WebMaterial/ShowPic/503060

図11に示すように、
図11に示すように、

5

組織学的には、嚢胞はケラチンフレークを含み、その壁は角質化扁平上皮で覆われていた。

http://www.karger.com/WebMaterial/ShowPic/503059

術後経過

有害な周術期イベントは観察されなかった。 患者は、嚢内腫瘤の切除後4ヶ月間再発を経験していない。

ディスカッション

表皮嚢胞は、最も一般的な良性上皮嚢胞であり、一般的に悪性の可能性を欠いています。 それらは、積層ケラチン、コレステロール結晶、および破片で満たされた層状扁平上皮によって裏打ちされた嚢で構成されています。

表皮嚢胞は、女性のように男性で約二倍の一般的です。

それらは、典型的には、頭皮、耳、顔、および背中の皮膚に生じる。 泌尿器科の分野では、会陰、陰茎、精巣、および陰嚢に表皮嚢胞が報告されている。 日本では陰嚢の表皮嚢胞の25例のみが報告されている。

MRIでは、表皮嚢胞は、T2重み付けイメージング上の低信号カプセルに囲まれた高強度、明確に定義された固体塊として記載されています。 我々の症例は同じ所見を示した。 患者はこれらの所見を示すかもしれないが、表皮嚢胞の術前診断は非常に困難であり、特に陰嚢である。 いくつかの報告によると、陰嚢の表皮嚢胞は、精巣癌の疑いの下で精巣で切除された。

予後は良好であり、表皮嚢胞は悪性の可能性はないと考えられているが、表皮嚢胞からの基底細胞癌またはへん平上皮癌の悪性形質転換が報告されている。 完全局所切除は類表皮嚢胞に対する選択的治療と考えられ,注意深い観察が必要である。

結論

ここでは、精巣を保存しながら正常に切除された表皮嚢胞のケースについて説明しました。

倫理声明

この研究では、患者から書面によるインフォームドコンセントが得られました。

開示声明

著者は、彼らが競合する利益を持っていないことを宣言します。

  1. Prasad KK、Manjunath RD:陰嚢の複数の表皮嚢胞。 インドのJ Med Res2014;140:318.
    External Resources

    • Pubmed/Medline (NLM)

  2. Ohyama C, Tochigi T, Kuwahara M, Imai Y: Intrascrotal epidermoid cyst: report of two cases. Int J Urol 1996;3:245-247.
    External Resources

    • Pubmed/Medline (NLM)
    • Crossref (DOI)

  3. Correa AF, Gayed BA, Tublin ME, Parwani AV, Gingrich JR: Epidermal inclusion cyst presenting as a palpable scrotal mass. Case Rep Urol 2012;2012:498324.
    外部リソース

    • Pubmed/Medline(NLM)
    • Crossref(DOI)
  • shah KH,Maxted WC,Chun B:精巣の類表皮嚢胞:三つの症例の報告と世界文献からの141例の分析。 Cancer1 9 8 1;4 7:5 7 7−5 8 2.
    外部リソース

    • Pubmed/Medline(NLM)
    • Crossref(DOI)
  • Jeyaraj P,Sahoo NK:顎顔面領域の再発性脂漏性/表皮封入嚢胞の珍しいケース。 J Maxillofac Oral Surg 2015;14(suppl 1):176-185.
    External Resources

    • Pubmed/Medline (NLM)
    • Crossref (DOI)

  • Tamada S, Wada S, Yoshimura R, Yamamoto K, Kishimoto T: Intrascrotal epidermoid cyst: report of two cases. Hinyokika Kiyo 1999;45:285-288.
    External Resources

    • Pubmed/Medline (NLM)

  • Cho JH, Chang JC, Park BH, Lee JG, Son CH: Sonographic and MR imaging findings of testicular epidermoid cysts. AJR Am J Roentgenol 2002;178:743-748.
    外部リソース

    • Pubmed/Medline(NLM)
    • Crossref(DOI)
  • 河合N、坂上H、粟田S、小島Y、辰浦H、佐々木S:陰嚢の類表皮嚢胞:症例報告。 ヒニヨキカキヨ1996;42:609-611.
    外部リソース

    • Pubmed/Medline(NLM)
  • ミラー JM:表皮嚢胞に生じる扁平上皮癌。 Arch Dermatol1981;117:683.
    外部リソース

    • Pubmed/Medline(NLM)
    • Crossref(DOI)
  • Lee SJ,Lee JH,Jeon SH,Kim MJ:外陰嚢、精索および会陰部から生じる複数の類表皮嚢胞。 韓国のJ Urol2010;51:505-507.
    外部リソース

    • Pubmed/Medline(NLM)
    • Crossref(DOI)
  • Lim J,Cho K:異常な磁気共鳴特性と脊髄拡張を伴う類表皮嚢胞。 2015年13月24日、Wba世界スーパーバンタム級王座決定戦で初防衛に成功した。
    外部リソース

    • Pubmed/Medline(NLM)
    • Crossref(DOI)
  • 著者の連絡先

    川原隆MD

    横浜市立大学泌尿器科腎移植

    横浜市立大学医療センター

    横浜市南区浦舟町4-57

    E-mail [email protected]

    記事/出版物の詳細

    最初のページのプレビュー

    公開された要約: 2016年4月

    オンライン公開:2016年4月21日
    発行発行日:1月–4月

    印刷ページ数:6
    数字の数:5
    テーブル数:0

    eISSN:1662-6575(オンライン)

    追加情報:https://www.karger.com/CRO

    オープンアクセスライセンス/薬物投与量/免責事項

    この記事は、クリエイティブ*コモンズ表示-非営利4.0国際ライセンス(cc by-Nc)の下でラ 商業目的での使用および配布には、書面による許可が必要です。 薬剤の適量: 著者と出版社は、このテキストに記載されている薬物の選択と投与量が、出版時の現在の推奨事項と実践と一致していることを保証するためにあらゆる努力を尽くしてきました。 しかし、進行中の研究、政府規制の変更、および薬物療法および薬物反応に関する情報の絶え間ない流れを考慮して、読者は、適応症および投与量の変 これは、推奨される薬剤が新規および/またはまれに使用される薬剤である場合に特に重要である。 免責事項:この出版物に含まれる声明、意見およびデータは、個々の著者および貢献者のものであり、出版社および編集者のものではありません。 出版物における広告または/および製品参照の外観は、広告された製品またはサービスまたはその有効性、品質または安全性の保証、裏書、または承認では 出版社および編集者は、コンテンツまたは広告に記載されているアイデア、方法、指示または製品に起因する人または財産への傷害について責任を負

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です