甲状腺疾患における血清カルシウム

甲状腺ホルモンはカルシウム代謝に影響を与えると考えられ 種々の甲状腺疾患が血清カルシウムレベルに及ぼす影響を検討した。 甲状腺疾患のスクリーニングに加えて、1992年から1998年にかけて甲状腺疾患の外来に来た人の血清カルシウム濃度(S-Ca)を測定しました。 13,387人、そのうち甲状腺疾患を有する9017人、甲状腺機能障害のない4370人が研究された。 S-Caは甲状腺機能亢進症の患者でより高いことが判明しました(2.36 +/- 0.11 ミリモル/L n=1201、p<0.05)無症状甲状腺機能亢進症(2.33 +/- 0.11 ミリモル/L、n=494)、甲状腺腫と甲状腺機能亢進症(2.32 +/- 0.10 ミリモル/l、n=5599)、甲状腺機能低下症(2.31 +/- 0.11 、344)、無症候性甲状腺機能低下症(2.32 +/- 0.10 ミリモル/L、n=1290)および健常人(2.31 +/- 0.11 mmol/L、n=4 3 7 0)。 173/13,387人が血清カルシウムレベルを持っていた<2。1ミリモル/L、その中で31strumectomy後の副甲状腺機能低下症の患者(31/592)と2原発性副甲状腺機能低下症の患者. 106/13,387人が>2.6mmol/LのS-Caを示し、これは30例で原発性副甲状腺機能亢進症によるものであった。 >2.6mmol/LのS-Caを有する55人のうち、高カルシウム血症の他の理由がなく、31人が甲状腺機能亢進状態にあることが判明した。 S-C aに対する臨床的に関連しない影響は,他の甲状腺疾患および甲状腺疾患のない個人と比較して甲状腺機能亢進症患者で示された。 この設定では術後副甲状腺機能低下症と原発性副甲状腺機能亢進症が頻繁に発生するため、甲状腺外来に紹介されているすべての患者におけるS-Caの測定が推奨されている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です